So-net無料ブログ作成
検索選択

ノアの鈑金 その1 [ノア]

不注意でノアの左前をぶつけてしまいました。( 注:ネタ作りではありません )  ざっと鈑金することにしました。まず割れたフォグランプですが、以前から外す予定にしていたので、左右とも取り外しました。

割れたウインカーは新品に交換です。中古を探したのですが見つからなかったので・・。  ヘッドライトの取り付け部が折れてしまいましたが、とりあえずそのままです。ヒマが出来ればプラリペアで修理しようと思っています。 バンパーはちょっとパテをあてて、補修用スプレーで塗装してごまかしてしまいました。

    つづく。

 


ホーン交換 [ノア]

ホーンを交換しました。つや消し黒に塗装してますが、ホームセンターで購入した新品です。甲高い音を想像していたら、意外に低い音がします。まあ地味なミニバンなんで、似合ってるかなあ。

小ネタをもうひとつ。クリアレンズウインカーに付け替えました。この手の飾り系パーツに疎いので、種類の多さにビックリ!でした。ちょっと年式が新しく見えるのはうれしいですね。


マフラーのアース 2 [ノア]

また懲りずにマフラーのアースです。今度はテールエンドから30㎝くらいのところにアースをひきました。  ある雑誌で、このあたりが良いと紹介されてたのでアイデアをいただきました。  


マフラーのアース [ノア]

走行後の静電気低減に効果があるらしいので、マフラーからボディにアースをひきました。(純正で採用している車種もあるそうです) とりあえずタイコの前側フランジ部から1本ひきましたが、テールエンド付近からもアースしたほうが効果が大きいかも・・です。


オイル交換 [ノア]

ノアのエンジンオイルを交換しました。洗浄成分が効いているのか、抜いたオイルは真っ黒でした。エレメントを用意していなかったのは失敗でしたね。 次回は少し早い時期にエレメントと共に交換することにしましょう。

 


リヤワイパー取り外し [ノア]

後姿がすっきり見えないのが気に入りません。一番気に入らないのは、触角の様に長く突き出たリヤアンダーミラーです。しかし駐車する時に重宝するので、外せません。  そこでちっとも使わないリヤワイパーを外してみました。

外した部分の穴は、とりあえずカッティングシートで塞ぎました。ちょっとだけ、すっきりしました。


フロントスポイラー取付 [ノア]

ノアのFスポイラーの取り付けです。取り付けは合わない形状のものを押さえ込むための多穴ビス留めです。 位置があわずビス穴をあけ直したり、切ったり削ったりタッチアップしたり・・で何とかカタチになりました。

最低地上高は確保出来てます。

 


フロントスポイラー加工 [ノア]

ミニバン用社外エアロは、バンパー 一体型のド派手なタイプが多いです。しかも金額も高いです。地味な社外エアロを探したのですが見つからず、流用出来そうなモノを探していると、運よく純正Fスポイラーが手に入りました。純正と言ってもタウンエースノア用で、ウチのライトエースノアにはそのままでは取付出来ません。 まあ加工ベースってことで、ツルシでは無理な低さで取付出来るように、切り刻んで行きましょう。                                                           

 裏側に付いてた取付ステーを取り去り、マスキングテープを使って切断ラインを決めます。後はエアソーでザクザクと切断していきます。取付穴を開けた後、足付けし、純正色で塗装しました。ちゃんと付くかは、やってみないとわかりません。


純正泥よけ取り外し [ノア]

純正の泥よけがボディと同色だと、縦のラインが強調されて、イマイチすっきりしません。一部ホンダ車のように、黒い泥よけならよかったかな。さらに泥よけと地面の微妙なすき間も気になるし・・。ちょっと試しにはずしてみます。

外した方が好みかなあ。ということで、純正泥よけは倉庫行きです。ついでに、写真ではわかりづらいですが、黒い純正リヤアンダースポイラーも外しました。あまりにもカッコ悪かったので。


右目の防水 [ノア]

ノアの右ヘッドランプです。レンズの内側に水滴が付いているのがわかるでしょうか?晴れた日には、水蒸気で白くくもって右目眼帯状態でした。ちょっとカッコワルイので修理してみます。レンズ部と裏側のケース部との継ぎ目が一部分だけ大きく隙間が開いています。以前、事故でも起こしたのでしょうか?どうやらそこから水が浸入しているようです。

内部の水分を除去します。ウエスを突っ込んで拭き上げたあと、ドライヤーで出来るだけ乾かします。 次にマスキングをしてシーラーを塗っていきます。シリコンの透明が目立たず良かったのですが、あいにく在庫がありません。仕方なく以前、風呂の修理に使用した、バスコークの白でシーリングです。半乾きでマスキングテープをはがして出来上がり。    ・・・とは言っても、しばらく様子を見ないと、本当に漏れが止まったかはわかりませんが。・・・大丈夫でしょう。

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。