So-net無料ブログ作成

ラテラルロッド交換 [ノア]

ホーシングのズレに女王様が気付いてしまいました。  『こっちのタイヤだけ内に入ってない?かっこ悪いねえ。』 お叱りを受けたので、ラテラルロッドを調整式に替えて対処することにしました。

さっさと終わらせてしまおうと思ったら、ボディマウント部のボルトとロッドブッシュ部のパイプがサビで固着して外れません。叩いても、ジャッキで押してもダメです。 しかたなくエアソーとタガネで切り取りました。

結構、時間がかかってしまいましたが、なんとか取り外せました。取付は楽勝です。新品のボルト&ナットを使い、ホーシングマウント部のブッシュも新品に交換しました。

調整して、ホーシングをセンターに合わせて終了です。 


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 2

kotobuki1946

 トレノの記事見させていただきました。 私もレストアしていますが、旧車のレストア作業は外で話をすると”かっこいい”様ですが、作業現場は錆や汚れの連続で、そこいらの建築現場の方がよっぽど綺麗。
 竹林が無くなって、なれましたか?
 タイヤ下の枕 スロープがあって取り出しワイヤも有りいいアイデアです。頂かせてください。 私は建築用ブロックのみでした。
by kotobuki1946 (2007-01-31 08:33) 

カピバラ

kotobuki1946さま
nice!ありがとうございます! レストア作業は苦悩の連続で辛い事も多いし、決して他人に勧められる趣味じゃないですよね(苦笑) 
竹林が無くなったことにより、日が沈むギリギリの時間まで作業が出来るようになったので、それだけは良かったです。
kotobuki1946さまもレストアされているんですね、お互いがんばりましょう!!
私の拙い記事で、何か参考になるモノがあればどんどん頂いちゃってください!   
by カピバラ (2007-02-01 01:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。